だれかに話したくなる本の話

化学物質のイメージは誤解だらけ 『化学物質はなぜ嫌われるのか』

 技術評論社は6月25日に『化学物質はなぜ嫌われるのか―「化学物質」のニュースを読み解く』を刊行した。著者はサイエンスライターの佐藤健太郎氏。定価は1659円(税込)。四六判。 「化学物質」と聞くと、「健康に悪い」「環境に悪影響を及ぼす」といったようなイメージにつながりやすい。しかし、それは...