だれかに話したくなる本の話

独学で難関試験をクリア! 超効率よく結果を出す勉強術の新常識

『結局、ひとりで勉強する人が合格する』(幻冬舎刊)

インプットがなければ、アウトプットできないのは当然のこと。

しかし、大量にインプットをしても(勉強時間を増やしても)、うまくアウトプットできずにもがいている(結果に結びついていない)人は少なくありません。

『開成→東大文I→弁護士が教える超独学術 結局、ひとりで勉強する人が合格する』

開成→東大文I→弁護士が教える超独学術 結局、ひとりで勉強する人が合格する

結果を出すための勉強法。「じっくり」とか「丁寧に」とかって、禁句のようです。