だれかに話したくなる本の話

被爆者以外の視点から見る原爆―【書評】『被爆のマリア』

被爆者以外の視点から見る原爆―【書評】『被爆のマリア』

 1945年8月6日、8月9日。広島と長崎に原子爆弾が落とされた。決して忘れてはならない日だ。それゆえに、井伏鱒二氏の『黒い雨』や中沢啓治氏の『はだしのゲン』など広島・原爆を直接描写している作品は多い。 だが、本作