だれかに話したくなる本の話

サブタイトル2候補にしぼられ決選投票へ 『もえビジ』サブタイトル投票

 10月8日にスタートした『もえビジ』(角川書店)のサブタイトル投票。 5つの候補が用意され、その中から読者の投票によってサブタイトルが決まる予定だったが、蓋を空けてみると2つのサブタイトル候補が他を引き離し、横一線となってデッドヒートを繰り広げた。