だれかに話したくなる本の話

最もシンプルな書籍名を勝手に選定! 「日本一“タイトルが短い”本」を調査してみた

最もシンプルな書籍名を勝手に選定! 「日本一“タイトルが短い”本」を調査してみた

ゼロ年代後半になってビジネス書、小説などの「長いタイトル」が目立つ時期があった。

しかし、近年ではそのブームも落ち着き、反動からか「短いタイトル」の書籍がチラホラみられるようになっている。

このままいけば、よりシンプルで、より短いタイトルが、出版界の流行になるかもしれない。
そこで、現在までに出版されている書籍で「世界一“タイトルが短い”本」は、どの本なのかを調べてみた。
――とは言ったものの、このテーマは結果が見えている。

なぜなら、「一文字」未満のタイトルはあり得ないからだ。